【琵琶湖】7月1日が祝日に!?「びわ湖の日」を県民の休日とする条例検討へ。

LINEで送る

biwakoimage

7月1日「びわ湖の日」、県民の休日に 条例化を検討

 滋賀県は、7月1日の「びわ湖の日」を条例で県民の休日とするための検討を始める。2015年秋に成立した琵琶湖保全再生法で「国民的資産」と位置づけられた琵琶湖に親しみ、より身近に感じてもらうのが狙い。県によると、条例で独自の休日を設けている自治体は沖縄県と広島市のみで、実現すれば全国3例目になる。
 びわ湖の日は、全国的に注目を集めた富栄養化防止条例の施行日(1980年7月1日)にちなみ、81年に設けられた。96年には県環境基本条例にも位置づけられ、環境保全の理解と認識を深め、保全活動への参加意欲を高める日、としている。
 自治体独自の休日は条例で定めることができるが、地方自治法はその条件として、特別な歴史的・社会的意義を持ち、住民こぞって記念することが定着していることや、広く国民の理解が得られることを挙げている。
 総務大臣との事前協議も課すなどハードルは高く、現在は沖縄県の「慰霊の日」(6月23日)と広島市の「平和記念日」(8月6日)しかない。
 全国には条例上の休日とせず、「県民の日」を設けて学校のみを休みにしている例もある。だが、県は琵琶湖の汚染を防ぐ県民運動「石けん運動」を機にびわ湖の日が制定された経緯や、琵琶湖を国民的資産と位置づける琵琶湖保全再生法の成立を踏まえ、条例化は可能と判断した。
 今後、県内市町や経済団体などに趣旨を説明し、県内にある国の機関や企業、私立学校などにも休日化への賛同を得ることにしている。早ければ17年度中の条例化を目指す。

京都新聞より

 

ハードルが高そうですが、ビッグニュースですね。

休みが一日増えるかもしれませんよー

 

2例しかない自治体オリジナルの休日は沖縄県の「慰霊の日」と広島県の「平和記念の日」。

歴史的な重みのある日が設定されていますね。

琵琶湖の日は少し趣旨が違うようにとらえられるかもしれません。

滋賀県の存在そのものともいえる琵琶湖ですが、琵琶湖でレジャーを楽しみましょう、というような。

 

そうではなく、琵琶湖の環境保全等のために制定された日です。

なんとなく他人事のようであった琵琶湖の日も、県民の休日となればもっと実感として認識されるようになるでしょうね。

 

条例化の手順は大変で、賛否もありそうですが実現するといいですね。

 

(ぺっこ)


【注目!】草津・栗東のクーポンてんこもり
ゴーガイチケット」はこちらから。

LINEで送る

ページの上へ