【草津】この春新設の老上西小学校で開校式&入学式! 新一年生も校舎もピカピカ!

2016/04/12 07時56分

kaikoshiki1

kaikoshiki2

◎老上西小学校で開校・入学式

市内14校目の小学校として今春に完成したばかりの老上西小学校(清水康行校長、矢橋町)で11日、開校式と入学式が行われました。
児童数増加で手狭になった老上小から分離・新設された同小は、児童743人(うち、新1年生148人)、教職員50人でのスタートとなりました。真新しい体育館で開かれた開校式では、まず川那邊正教育長が開校を宣言。あいさつに立った橋川渉市長は「この素晴らしい環境の中で、みなさんが豊かで健やかな成長 を遂げ、輝かしい未来へ羽ばたくことを祈ります」と、新しい門出を祝福しました。6年生の児童代表は「老上小と2校でともに成長していきます。人権を大切に笑顔が明るい小学校という伝統を作っていきます」と、誓いの言葉を述べました。
開校と入学が重なった新1年生たちは、ぴかぴかの広い校舎がすっかり気に入った様子。校門や校庭のあちこちで保護者と記念撮影したあと、体育館の入学式会場に入り在校生全員の歓迎を受けました。
老上西小は敷地約2.3ヘクタールで、木造2階建ての普通教室棟3棟と、職員室などが入る鉄骨2階建ての管理特別教室棟、プール、体育館などを備え、総事 業費は約34億円。「ほぼすべて木造」の各教室には、廊下部に広いオープンスペースを設け、屋上には太陽光発電装置を整えるなど、環境や省エネにも配慮しました。校舎隣接地に同時期に完成した老上西市民センターと児童育成クラブ「のびっ子老上西」は、すでに4月1日にオープンしています。
(取材 広報課)

草津市役所facebookページより ※写真も

 

どの学校でも入学式、始業式は特別なものですが、新設の学校となると特別感が違いますね。

もう何もかもがピカピカ。

 

まっさらな教室でまっさらな机に座って、まっさらな体育館で世武裕子さん作曲の新しい校歌を歌ったんでしょうね。

羨ましいですが、こればっかりはタイミング。

こんなタイミングで入学した生徒さんたちは本当にラッキーですね。

 

2~5年生もはしゃいだんでしょうねー、それはそれは、はしゃいだでしょうに。

先生も内心はしゃいだかも。

 

せっかくなので新しい校舎をしっかり堪能して、勉強に遊びに励んで欲しいですね。

 

◎関連記事
終業式のタイミングで珍しい分離式!生徒増加で新学期から2高に分かれる老上小学校で行われました。
4月に新設開校する草津市立老上西小学校の校歌、作曲担当したのは草津生まれでブースターズナンバー1番の世武裕子さん!
児童の増加で来年から二つに分かれる老上小学校で記念の人文字撮影が行われました。

 

(ぺっこ)

ジモネタ草津・栗東
号外NET他の地域

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ