【草津】終業式のタイミングで珍しい分離式!生徒増加で新学期から2高に分かれる老上小学校で行われました。

bunrishiki

◎「離れても心は一つ」 老上小で分離式

 老上西小学校(矢橋町)の開校に伴い、新学期から児童の半数以上が西小に移る老上小学校(野路町)で24日、変わらぬ友情を確かめ合う分離式が行われました。

 式には全校児童のほか、PTA代表や市議会議員のみなさんら関係者約30人が出席。清水康行校長が「2校に分かれても、信頼し助け合い、競い合い高め合っていきましょう」と励ましました。女性音楽ユニット「詩音」の2人が登場して友情の歌を披露したあと、分離の記念品として制作される男女児2体1組の 「願いの像」(高さ140センチ)が壇上で発表されました。

 像は樹脂製で、彫刻家でもある老上小の伊庭靖二教頭が8年前に制作。校内に設置されていましたが、今回の学校分離に当たり、これを原型に新たにブロンズ像を作ることになりました。女児像は老上西小に、男児像は老上小に置き、互いに向かい合う姿勢で建てる予定です。壇上で黄金色に輝く像を見上げながら、児童たちは両校の校歌を大きな声で合唱。児童代表が「学校は分かれても心は一つです。新たな歴史をつくってください」と、締めくくりました。

 式の進行を担当した1人で、5年生の磯野まつりさんは「私も西小に移りますが、良い学校にできるよう頑張りたい。離れても老上小の友達は大切にします」と話していました。
 老上小から老上西小へ移る児童は、新1年生を入れて745人、残る児童は約520人と見込まれています。

(取材 広報課)

草津市役所facebookページより

 

卒業式が終わったら、のんびり終業式。春休みは宿題もないし、とか本来ならのんびりムードの終業式なのですが、老上小学校だけは別ですね。

分離式!

地響きとともに轟音をたてて、分かれていきそうな物々しいネーミングですが、他に穏やかな式名も思い浮かびません。

でも現役の5年生から1年生にとっては、轟音が立つほどのビッグイベントかもしれませんね。

 

新学期にそれぞれ老上小と老上西小に登校して、クラス発表があって、あれっアイツいないな何組だろうと考えて、そっか学校が違うんだ、みたいな・・・せつない。

 

互いに向かい合う姿勢で建てる予定という男女児2体1組の 「願いの像」は、きっちり向かい合わせてあげて欲しいですね。

桂浜の坂本龍馬と室戸の中岡慎太郎の銅像みたいに、向かい合ってなかったやん、とならないように。

 

寂しさもある分離式ですが、大きくなったらきっと貴重ないい思い出になるでしょう。

 

◎関連記事
4月に新設開校する草津市立老上西小学校の校歌、作曲担当したのは草津生まれでブースターズナンバー1番の世武裕子さん!
児童の増加で来年から二つに分かれる老上小学校で記念の人文字撮影が行われました。

 

(ぺっこ)

2016/03/25 07:37 2019/01/30 20:18
ミニ佐藤
ジモネタ草津・栗東
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら