【草津】リニューアル中も見せるものはある!琵琶湖博物館で「魅せます リニューアルの舞台裏」開催! 4/10まで。

misemasu

 20周年リニューアル準備中の琵琶湖博物館ですが、オープンまで何も見せないわけではないところが流石です!

 

場所:企画展示室

期間:平成28(2016)年3月19日(土)~4月10日(日)

観覧料:観覧無料 *常設展示は別途観覧券が必要になります。

主催:滋賀県立琵琶湖博物館

【開催趣旨】 琵琶湖博物館は、平成28年7月14日に第一期リニューアルを予定しています。 このギャラリー展示では新しい展示の見どころと各コーナー考え方を紹介します。また展示作りの舞台裏として、展示を作るプロセスや試作品を公開します。

【展示内容】ノロ(肉食ミジンコ)全長2.5mの大型模型の原型・バイカル湖の魚到着時のビデオ・ヨシたいまつのミニチュア・さまざまな試作品・魚のゆりかご水田の模型(滋賀県農村振興課所有)・展示室の模型(3月25日から)・「おすすめの琵琶湖の風景」投稿写真 ほか

琵琶湖博物館ホームページより

 

”展示をつくるプロセスや試作品を公開”するなんて、リニューアルだからできることですよね。

美術館ではこうはいかないのかもしれませんが、博物として面白そうです!

 

リニューアルも待ち遠しいのですが、こういった工夫がブランクを埋めてくれますし、またより一層リニューアルへの期待を高めそうです。

 

しかし、ノロの模型こわい・・・

noro

 

◎関連記事
琵琶湖博物館の玄関前に吊り上げられた“巨大アクリル板”の正体は!?
来夏からの展示に向けて、はるばるロシアのバイカル湖から魚やエビが琵琶湖博物館に到着!

 

(ぺっこ)

2016/03/27 07:31 2016/07/27 13:38
ミニ佐藤
ジモネタ草津・栗東
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら